プロミスが行う在籍確認電話の内容と職場に知られない理由とは?

 
大手消費者金融のプロミスが審査で行う在籍確認の電話連絡の内容について
嫌がられていることは承知の上で行っている職場への在籍確認ですが、プロミスではこの在籍確認の電話をできるかぎり省略しています。

しかし、新入社員であったり、職場を短期間に何度も変わっていたりするような人は在籍確認の電話をしないと本当に働いているかどうかは不確実と言えます。そのため、このような場合はプロミス側の判断で在籍確認の電話をしています。

 

しかし、嫌がられていることは間違いないので、プロミスでは在籍確認の電話を相当慎重に行っています。

 

まず、電話をする際にはプロミスの名前は出さず、担当者氏名を名乗りますので職場の人たちには一切バレないようになっています。また、電話の内容も必要最低限に留め、本人確認のために生年月日などを確認する程度です。

 

在籍確認の電話は、周囲に誰もいないときにしてくれば都合がいいのですが、そうとは限りません。そのため、このような配慮は結構ありがたいと言えるでしょう。

 

また、本人が不在の際には、後で電話しますと言って電話を切ります。これだけでも本人がその会社に在籍していることが確認できるため、二度と電話をすることはありません。

 

しかし、これはその人が不在であると回答があった際であり、不在であるかどうかを回答してもらえない場合は在籍確認が成立しないので、再度電話をすることになります。この場合は、本人の携帯電話に連絡をして、通常会社にいる時間帯を聞くことになります。

 

ただし、時間指定をしてしまうと、成りすましの可能性があるため「何時に電話をします」というような予約をすることはないと考えたほうがいいでしょう。

 

無人契約機で申込をする際、在籍確認の電話をしても不在に決まっているため、自分がいないときに電話があった際の対応を確認しておいたほうがいいでしょう。