カードローンで親バレしないで借入れできる?

 
最近は学生向けのカードローンが宣伝されています。
もっとも、高田馬場付近には昔から学生相手の消費者金融が多くありますから、そんなに驚く話ではないのかもしれません。

しかし、消費者金融を利用する学生にとって気を付けたいのは「親バレ」です。
自分の子供が消費者金融を利用していると気づくと、借金をしているという不安だけではなく、何に使っているのかという不安が生じ、問い詰められることが多いです。

 

このようなことは避けたいのですが、下宿をしているならともかく、親と同居していると隠し通すことは至難の業ともいえます。

 

話は変わりますが、消費者金融は20歳未満の人に対して貸付をしていません。学生相手の消費者金融の中には、高校生以外なら18歳以上の人に対して親の同意書を条件に貸付をしていることがあります。

 

つまり、カードローンを親に内緒で申し込むならば、20歳以上であることが最低条件です。

 

しかし、この条件をクリアすれば、カードローンを親に内緒でばれずに申し込むことはさほど難しいものではありません。

 

大手消費者金融のプロミスは、アルバイト先への在籍確認の電話はないですし、希望すればローンカードも発行されませんから、外部からカードローンを利用しているとはわかりません。
とても安心なのでおすすめできます。

 

ローンカードなしにどうやって使うのかと言われそうですが、キャッシングは自分の口座に振り込まれ、繰上返済は大手銀行のネットバンキングを利用すればいいのです。手数料無料ですべてできますから、お得ですし、ATMに借りに行く必要がないので便利です。

 

また、三井住友銀行カードローンのように、ローンカードとキャッシュカードが一体化されていれば、外からカードローンを利用しているとはわかないでしょう。

 

親バレせずにカードローンをする方法はこういったように色々あるので、じっくり検討しましょう。