勤続年数がカードローンの審査において重要な理由とは?

 
消費者金融に限らないのですが、カードローンやキャッシングなどを利用してお金を借りる際やクレジットカードの申込では勤続年数が大きなファクターを占めます。

勤続年数は消費者金融などの申込の際に書かされますが、信用情報の記入内容からも推定できますから、あまりにいい加減なことを書いてもバレます。

 

消費者金融や信販会社は虚偽記載を極力嫌がりますから、このようなことは避けたほうが賢明でしょう。せっかく通りそうな審査でも落とされかねません。

 

勤続年数は字のごとく、その会社で何年働いていたかという年数です。転職をせず同じ会社で長期間働いている人は、簡単に首になりませんし、収入も安定していることが多く信用されます。

 

消費者金融などの審査では、この「信用」が非常に大きな位置を占めており、信用の有無で消費者金融の申込をしたのにかかわらず在籍確認が省略されるようなことがあります。

 

何かと嫌われる消費者金融などの在籍確認は、その人が会社から本当に給料をもらっているかの確認のために行われますが、勤続年数が長ければ先ほど述べた通り、簡単に退職させられるようなこともなく、収入も安定していると判断されるのです。

 

そのような人にあえて嫌分けている在籍確認の電話をする必要はないでしょう。

 

また、勤続年数が長い人は統計的に支払遅延がない「きちんとした人」であることが多いです。

 

会社の職種にもよりますが、会社という組織に属していれば必然的に「社会常識」が付くので、借りたお金は返さなければいけないとわかっている人が多いのです。

 

そんなことは当たり前だと言われるかもしれませんが、そう思っていない人も世の中には少なからず存在するのです。勤続年数が長い人には、そのような考えをする人は少ないことは確かでしょう。