在籍確認なしで借りれるカードローンについて

 
消費者金融などのカードローンは、職場への在籍確認の電話があるからと嫌われていることが多いようです。
しかし、最近は在籍確認がいらないカードローンが増加しているといいます。

在籍確認は、無担保融資であるカードローンなどでは必須の手続であり、これをしないと返済できる資力があるかの判断ができません。そのため、省略されることはあり得ないと考えたほうがいいでしょう。

 

では、どうして在籍確認なしで借りれるローンがあるのでしょうか。

在籍確認なしで借りれるローンは、在籍確認をしないのではなく、別の方法で在籍確認をしているのです。具体的には健康保険証や給与明細を確認しています。

 

健康保険証は、入社とともに交付され、退職の際には返納させられます。もし返納しないと官報に失効した旨の公示が出ますから、消費者金融はそのデータを確認し、無効な健康保険証をシャットアウトすることができます。

 

また、給与明細は社名入りのものであれば、給与をもらっていることがわかります。毎月の給与の金額が出ているため、審査の一環としても有効だと言われています。

 

このように、在籍確認の方法は職場への電話確認だけではありません。別の方法で在籍確認をすればいいのです。

 

ただし、どの金融機関もこのような方法で在籍確認の電話を省略してくれるわけではありません。銀行のほとんどは電話確認による在籍確認をしていますし、消費者金融でも在籍確認の主流は職場への電話確認です。

 

ただ、大手消費者金融のプロミスは、在籍確認の電話を省略し、健康保険証や給与明細だけで在籍確認の手続を完了させてくれます。

 

職場への在籍確認は、何かとトラブルの原因となります。このような配慮をしてくれる消費者金融はありがたいですね。